男の基礎!相性や使い方で考える日焼け止め!

最近男性にとっても化粧に関して注目が集まっています。正確にいうと肌ケアする傾向です。理由は人それぞれ様々でしょうが、直結した問題は健康に関して肌が一番身近であるということでしょう。

その中でも日に焼けるということに関しても重大な健康被害に見舞われるということです。日に焼けるとは単純に日に黒く焼けるということではありません。そして、それは単純にシミそばかすの素となる原因だけでもないのです。最も恐ろしいのが皮膚がんでしょう。さらにはアレルギーなどの原因にもなります。

日焼け止めを使うのはそれらの防止を目的としています。日焼け止めでも最も重視するのは紫外線です。紫外線という電磁波を肌へ浸透させないことが必要となります。仮にこれらが浸透すると赤みや炎症、メラニンの生成を促してしまいます。

●日焼け止めにも種類がある

日焼け止めにも大きく分けて4つのタイプがあります。乳液・クリーム。ジェルタイプのような液状で伸びが良いタイプ、シートタイプのように塗り直しに便利で汗をぬぐうことも出来るようなタイプ。ただし清涼感のあるシートは敏感肌の方には相性があるので注意です。そしてスプレータイプ。手の届きにくいところに吹き付けることや手を汚さないという特徴を持ちます。最後にパウダータイプです。高い紫外線防止と低刺激が特徴です。

このように日焼け止めにも種類や使い方によって役割が違います。安ければ何でもいいやや高いから効果があるとお思いの方も、何のトラブルを防止するかというということを考えることはとても重要です。自分の肌や用途に合ったものをしっかり吟味するよう心がけて防止に取り組んでください。

PR|クワトロボタニコ,メンズ化粧品